阪神戦(第16回戦)

今日のスタメンが発表されました。


1番 陽岱鋼
2番 マギー 二
3番 坂本勇人
4番 阿部慎之助
5番 村田修一
6番 長野久義
7番 亀井善行
8番 小林誠司
9番 内海哲也

雑誌情報

今日は雑誌情報です。


まずは矢島舞美が「steady.」の9月号に載っています。


そしてつばきファクトリー山岸理子浅倉樹々、小野田紗栞が「UTB+vol.39 2017年9月号増刊」に載っています。


どちらも現在発売中です。


steady.(ステディ.) 2017年 9月号

steady.(ステディ.) 2017年 9月号

試合結果 ●4ー5

●4ー5で48勝52敗1分け。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神 1 0 1 0 0 0 1 0 2 5
巨人 0 0 0 0 0 1 3 0 0 4


カミネロ抑え失敗で敗戦。


試合は畠世周投手が2点を取られます。

その後6回に阿部慎之助選手の犠牲フライで1点差にします。

しかしすぐに1点を取られます。

それでもマギー選手の3点タイムリーで逆転します。

ところがカミネロ投手がタイムリーと犠牲フライで逆転され負けました。



カミネロ投手の抑えはもう厳しいかもしれないですね。

これで登板2試合連続負け投手ですからね。

そろそろ潮時かもしれないです。

今までどんなに良いピッチングをしていてもこの時期にこれでは信頼を無くします。

来年はいないかもしれないですね。


今日の二軍戦では山口鉄也投手、澤村拓一投手が登板していました。

一軍復帰も近いかもしれないです。

頼りない守護神のままではクライマックスシリーズには行けません。

一日でも早く二人には戻って来て欲しいです。


先発の畠世周投手は5回2失点とルーキーにしたら悪くはないですが、先制されてはダメですね。

来週は気を付けて欲しいです。


野手では宇佐見真吾選手が代打で出場して安打を打ち、そのまま守備につきました。

安打を1本打ちましたがバントミス、最後に打たれたリードと反省点も多くありましたね。


明日の先発は内海哲也投手ですが、9試合小林誠司選手とバッテリー組んでイマイチなので宇佐見真吾選手と組ませてみて欲しいです。


明日負ければかなり厳しくなるので必ず勝ちましょう。



阿部慎之助選手は無安打で2,000安打まであと「4」のままで東京ドームでの達成は厳しいかもしれないです。


坂本勇人選手は3打数無安打。

長野久義選手は代打で凡退。

阪神戦(第15回戦)

今日のスタメンが発表されました。


1番 陽岱鋼
2番 マギー 二
3番 坂本勇人
4番 阿部慎之助
5番 村田修一
6番 亀井善行
7番 橋本到
8番 小林誠司
9番 畠世周 投

月間MVP

昨日発表された7月の月間MVPに菅野智之投手が選ばれました。


4戦4勝で失点1では文句なしの受賞となりました。

今年は2度目受賞になりました。

今月も受賞出来るように期待しています。


ちなみに1シーズンで2度目の月間MVPは巨人では27年ぶりになります。



最後につばきファクトリーメディア情報です。

今日は25時50分から北海道テレビで放送される「エンプロ」に小片リサ、谷本安美、小野瑞歩が出演します。


北海道のみでの放送となります。

試合結果 ○6ー1

○6ー1で48勝51敗1分け。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
巨人 1 1 4 0 0 0 0 0 × 6


マイコラス10勝目。


試合は初回に阿部慎之助選手のタイムリーで先制します。

さらに2回に石川慎吾選手の本塁打で2点目を取ります。

そして3回に長野久義選手の押し出し、石川慎吾選手の2点タイムリー、マイコラス選手のタイムリーで突き放します。

そのリードを守り勝ちました。



今日もマイコラス投手がナイスピッチングにナイスバッティングでした。

今日で10勝目です。

次も期待しています。


打線は石川慎吾選手が3打点と良い感じでした。


今日から一軍昇格した宇佐見真吾選手がプロ初打席で初安打を打ちました。

小林誠司選手を脅かす存在になって欲しいです。

初安打おめでとうございます。


そして阿部慎之助選手は2安打で2,000安打まであと「4」となりました。

もう少しなので一気に決めて欲しいです。



坂本勇人選手は4打数1安打。

長野久義選手は3打数無安打1打点。

阪神戦(第14回戦)

今日のスタメンが発表されました。


1番 陽岱鋼
2番 マギー 二
3番 坂本勇人
4番 阿部慎之助
5番 村田修一
6番 長野久義
7番 石川慎吾 左
8番 小林誠司
9番 マイコラス 投